AGEMAN伝説 未来の章 その1

さて 今を去る事18カ月以上前


某ブログで 某記事が連載されました


その名も ザッ!AGEMAN伝説!!!

\(@o@)/!


大反響大好評の上に終えた記事ですが\(^o^)/・・・

(MAHAO的に)


最近あげまんについても 掲示板で聞かれたり


色々再考する余地がでてきまして

( ̄  ̄).。o○


本日から ちょっと思いついた時に あげまん伝説の補足的な記事を書いていこうと思いますた

(>ω<)/~ !


略して 同時並行連載? 

AGEMAN伝説 未来の章!!☆\(^o^)/☆

☆ワーイ☆━(ヽ・∀)━ヽ(・∀・)ノ━!! ヽ(∀`ヽ●)(ノ●´∀)ノ☆☆ワーイ



さてあげまんとは何でしょうか? 


まずは基本的な用語の説明から始めたいと思います


<(_ _)>


あげまんとは 元々花柳界の用語です 

(・ω・)/~♪


古来の支配層が使っていた言葉 


自分達に 成功 立身出世の運をもたらしてくれる女性の事をそう呼びました


当時の支配者層は そのような女性を求めていて


今も銀座などでは 街角に居ると

「 君はあげまんか~?俺はあげまんを探しているんだぁ~!」

(・・;)


と身元不詳の不審人物(おそらくお金持ちそうな人・・・) が声をかけたりします


あげまんのまんは 性行為を指すという説もありますが


最も有力な説は 「 間 」と言う文字から来たとの事


あげまんと言われる女性と付き合うと


仕事のタイミングや 巡り合わせが良くなる事から 


あげまんと呼ばれるようになった とされる説が一般的です


(・ω・)

さて 先日 某掲示板でこのような質問を 聞かれました


「あげまんとは美人で家事が得意で料理上手で床上手


内助の功で陰で支えて 尽くしてくれたり


応援してくれる女性


そんな至れり尽くせりの女性ではないですか?


世間の大多数はそう思ってると思うのですが・・・?」


さて 果たしてそうなのでしょうか?

(・・;)?


あげまんとは 家事万能で内助の功を発揮して尽くしてくれる女性?


その人だけに限らず結構そのようなイメージを持たれてる方が多い様な気がしました


しかし経営者資産家の間では  MAHAOが聞いた限りでは


家事ができるとか尽くしてくれるかどうかは 余り重きを置いていないようです 


家庭的かどうかなんて目もくれない 


そんなのメイドさんを雇えば良い!と言います

\(@o@)/


経歴や出自もさほど気にならず  


好みの容姿や 性的色気があるかどうかも余り見ていないよう


彼らに言わすとそんなのは 後から好みの愛人を作れば

いくらでも用足りる


彼らがひとえに着目しているのは

(・ω・)/ 運そのもの~♪


財運 名誉運等 成功をもたらす運を持っているか だけが見る着目ポイントのようです


逆を返すと ぶっちゃけそれしか 求めていない・・・

(・・;)


ある面究極的なまでに打算的な男性・・・


「あげまんを手に入れて 事業がうまくいけば 幾らだって愛人は手に入る」

某パーティーでそう公言していた中堅企業の経営者さんがいらっしゃいました

(・・;)


それから掲示板では 最近こういう意見を言われました


ほとんどそのままの形で 転載いたします

<(_ _)>


「 知人で超エリートで気配りもできて 感じもよい奴が居ます


彼はブサイクで家事育児しない


駄目女を追いかけまわしていました


お前ならもっと美人で性格のよい イイ女いくらでも見つかると忠告しました


でも知人はこう言いました 


彼女はあげまんなんだ だからあの子じゃないと 駄目なんだ


知人は僕に 彼女が必要なんだと言い


僕は呆れてモノも言えないくらいで 呆然としてしまいました


最初は頭がおかしいか思い込みだと思っていましたが


その後、彼はとんとん拍子に出世し 資産もとんとん拍子に増えていきました


まだ半信半疑なのですが今では あながち出鱈目で なかったかのかも・・・と思います。


知人はあげまんはエネルギーと運が必要なだけ


好きとか女性的に魅力的があるわけではないと言っておりました 


ただエネルギーとして飼っておきたいだけだと・・・


あげまんさえいれば運がよくなるからいくらでも美人と付き合えるし


家政婦とベビーシッターを雇えばよいだけだ と言っていました


もろ打算的だった 」


<(_ _)> やはりあげまんを求める男性は ある面究極的に打算的な男性


愛よりも 大切なのは出世運なのです 


あげまんは運が強い女性そのものです  


運とは思い 

言いかえると 旦那様を出世させたり成功させたりする思いが強い女性でもある

(・ω・)/~♪


特徴としては普段から自分の欲望を 余り抑えこんでない人が多いです 


かといって短絡的に ブランド品などに 走るわけではなく


素朴な欲求を 激しい位 所構わず 求めまくる

(・・;)


所謂天真爛漫で天然 

もしくは強烈に思い込みが強いか 念が強い・・・


人格的には 個性的でマイペース もしくはのほほんとして 浮世離れしてる人が多いようです


タイプ的に共通するのは 無意識的に自分の得になる行動を常に感じている 


自分の生活の得を考えると 旦那やパートナーを応援する事が 得策! 


なので支える方向に走るのだとかそうな  

\(^o^)/


ちなみに銀座のホステスさんの中には


財界人があげまんに多い 天真爛漫な特徴を持つ女性を追い求めてるのを知って


わざと天真爛漫を装う 擬態タイプあげまんの方も居るのだとか・・・


まさに狐と狸のばかし合いのような・・・ φ(・・;)


ちなみにブログでご存知霊感女性Mちゃんは


さげまんについてこう言っておられました


「    さげまんと言う人は魅力や快楽によって相手の思いを吸ってしまう人 


性的魅力で相手を虜にしてしまう人が多い


古来からの故事にそういった伝承は複数見られる


国を滅ぼす要因となった女達は 一様に男を籠絡するのに長けている


私から見ても 様々な術を駆使してるのが見える


仕草の微妙さ レスキューシンドローム

 

潜在意識に働きかける言葉 快楽 」


φ(・・;)


「 尽くすタイプの女性には 余りあげまんは居ない


私は自分が尽くすタイプだから よくわかる


尽くすタイプは運を捧げるんじゃない


逆に欲しいの


人間は自分の得にならない事はしない 


得にならない行動が得であると 洗脳されてない限りね 


基本 自分の得になるような行動を取る


何か得を感じるから 必要以上に尽くす


性的魅力がある 尽くす


これは吸収する女の特徴 」


φ(・・;)・・・ 


「連れて歩いて 見栄えが立つような


ひけらかせるタイプの女性も 下げが多い 


現代的な美人女性は そのほとんどがさげマンの相


さげまんの相は古来から余り変わらない 


痩せ形 手足が細く 常に儚げな感じがする 


目がいつも泣いているように潤んでいる 


暖かいと言うより 引き込む独特のオーラがある


もしくはセピア色のオーラを醸し出している


運を持っている女性は 容姿が良くなくても生きていける


運があるから 


運(思い)が少ないから 好感をもたれるようなキャラクターを作ったり


性的魅力を 溢れさせて 他の思いを集めようとする


男だって同じじゃない


売れっ子ホストに女性の仕事運を下げる男が多いのと一緒 」


そう言えば以前AGEMAN伝説でも書きましたが


某放送作家さんや編集長さん達もMちゃんと同様の事を言っていました 


所謂 床上手な女性と付き合うと 仕事運が落ちて 精気を吸われると

(・・;) 


さてあげまんの話に戻りますが


あげまんには 基本数タイプあるようです

\(^o^)/


まあ  今回のAGEMAN伝説 未来の章では 主に2タイプについて取り上げたいと思います 


まずタイプ1 犬神タイプ


犬神というように 周辺から運を吸収し 付き合った男性にその運を 付替えるタイプの女性です 

周囲の近しい所から 運やエネルギーを持ってきて 捧げるタイプ

(・・;)


「犬神タイプのあげまんは主を一人決めて 運を捧げる 


周囲から運やエネルギーを集めてきて 注ぎ込むタイプが犬神タイプ 


強烈な応援を寄せてくれる一方


世間的に見ると情緒不安定かと思える位 激情的であるタイプもいたりする


血の粉が降ってきそうな応援をする 


犬神タイプは 自分の周囲や友人 知人 主の仕事関係の人間と繋がりを持ち


周辺から運かき集めてくる 


その運を心で主と決めた男の所に付け替える


周辺から運を付け替えてくるから即効性も高いし 


メキメキと主とされた男達は出世していく 」


φ(・・;)・・・


「こういう男が居た


キャリアウーマンの奥さんに浮気された男性  


奥さんは仕事先のある男と関係を持ちそれが旦那さんに知られる所になった


旦那さんは最初奥さんと離婚を真剣に考えていたのだけど 


でも結局は奥さんと復縁した


でもその奥さんの浮気が元で 仕事運が広がり 


結果として旦那さんの仕事は全般的に膨らんだ


代わりにその浮気相手だった男性の仕事運は落ちていった


浮気された旦那も 無意識では気がついてたと思う


彼女が浮気相手の男性から 運をもってきたって事を 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・


「 こう言うタイプの女性も居た


Kと言う美人編集者 Kには同じ業界に勤めるイケメンの彼氏がいた 」


φ(・・;)


「 彼女は 彼氏も居たし 特段他の男性と付き合う必要性は無かったのだけど 


所謂 女性と縁がなさそうな もてなそうな男性達と 友人関係を結んだ


マブダチと言って 恋愛相談など 話し相手になったりもした


もてなそうな男性達は Kさんに彼氏が居る事を知ってはいたけれど


自分とまともに話しをしてくれたりする女性なんてそうそういないじゃない


彼女の居ないそうした男性の悩みを 2時間も3時間も時間が許す限り

懇意になって話を聞いてくれたりする

美人のKさんを 心の奥底から 感謝していた


でもね Kはね そうして集めた もてない男性達の感謝の念や思い(運)を 


そのままイケメンの彼氏に注ぎ込んでいたの


Kと付き合っていた間 そのイケメンの彼氏は 


30になるかならないかで 売れっ子雑誌の編集長に抜擢され 時代のカリスマと言われるまでになった 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・


「手口は荒っぽいけど こういう女性も居たね


Yという女

彼女はDQNグループ上がりの女性なんだけど


イジメられっ子をターゲットにして徹底的に屈従させる


かなり口が立つから 弱点を見つけるとへこませるような事を言って 


怖がらせ 屈従させるの 


でも屈従したら 今度は優しく振る舞ったり 面倒をみる


周囲はやがてYを 心の中でボスとして認知するようになった


運は群れのリーダーに流れる仕組み 


そうしてYは周辺から運を集めてきて


その当時 付き合っていた優男のプレイボーイに全て捧げていた


こういう女達が犬神タイプ 


周辺の人間達から運を集めてくる


それを自分が心の主と決めた 一人の男性に付け替えてくる


犬神タイプのAGEMANの性質 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・



「でもね 犬神タイプの女が それを行うのも 主の為と言うよりは 


いずれ自分の得になる事を 感じてるからなの 


不思議な事に犬神系のあげまんが付く男性に 長期的に成功し続けるタイプは余り居ない


成功すると他の女に走って 裏切ったり捨てたりする 


もしくは自分の力を過信し 奢ったりして別れてしまう 


そんな時 犬神タイプの女は 別れるだけでなく彼に捧げた運も一緒に回収してしまうの 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・


「それだけでない 犬神タイプの女性が居なくなった男性は


最初から自分の成功の礎となった思いを集める術を 知っているわけではない


だからたちまちのうちに凋落がはじまって 滅んでいくの


落ちたら最後 人生の残骸のような場所に その身を落ちつける


そして思うのよ 


「 自分の成功はあの時 あの女が居たから 成功したのだ 」


その時から 犬神の真の回収は始まるの 


男達は人生を気の抜けたような状態で過ごしながら


ひたすら過去の栄光と その時共にしてくれていた女の事を思い続ける


あの時付き合っていたあの女があげまんだったと思う


その思いを 別れた犬神タイプの女性に ひたすら注ぎ込むようになる


結果として そうした思いの積み重ねが 犬神タイプの女性を支える原動力になるの


短視眼的な成功を求める男と 犬神系の女性は引き合う


一方は 短くても華々しい成功を追い求め


もう一方は ずっと自分に寄せる思いを求める


両方のニーズが合致したの所詮は望んだ者同士が引き合った結果  」


(((((((・・;))))))))


「以前MAHAOがAGEMAN伝説で書いていた 


ミーちゃんと言う女性 もろに犬神タイプの女性だよね 


彼女と付き合った男性は あっという間に凋落していったじゃない 


彼に成功をもたらして それを回収すると同時におそらく彼に元からあった良い性質も奪ってったはず 」


(((((((((((φ(・・;)))))))))))))


「犬神タイプは 別れ際が怖いの 


だから一度付き合ったら別れられないようにするとか徹底的に腹をくくらないと 


某国首相の奥さんも 人相的に犬神タイプの女性だと思うんだけど


某国首相の方はより狡猾だよね 


我儘な奥さんを立ててそのニーズを 飲み込む事によって


離反と運の回収を防いでいる


逆に首相の方が 妻から運を回収しようとまでしてる向きがある


あそこまで行くと狐の化かし合いと言うより 


魑魅魍魎の住みし世界・・・ 」



<(_ _)> AGEMAN伝説 未来の章 その2へと続きます

AGEMAN伝説 未来の章 2

かつて見たセレブ奥様でこう言う方が居らっしゃった


芦屋在住の某上場企業オーナー夫人・・・


なんと・・・


そのセレブ奥様は・・・・ 


旦那さんの浮気相手を 直接 面談して選ぶ・・・・・・・・

(・・;)・・・・・


元々その奥様 旦那様が 学生の頃から付き合い 


仕事のアドバイスをしたりもしていた甲斐あって 


旦那様は見事上場企業のオーナーに収まった 

\(^o^)/


でも出世した男の元に 甘い物にたかる蟻が如く女性達が寄ってくるのは世の流れの常


出世した時に 旦那様に浮気されるのもある程度織り込みづみなようでした


でも さげまんタイプの女性に旦那の運を吸われたくない・・・・


折角自分が応援して 財運をつけたのに


手塩にかけた旦那様の運を みすみすと持ってかれるのが癪・・・


それにさげまんタイプの愛人女性 数人と付き合ったら 


幾ら奥さんが頑張っても 地の底に引きずり落とされるかもしれない


そうなると自分の将来の危機・・・・・・・

(・・;)


という事で 考えあぐねた奥様が選んだ道


それがあげまんタイプの愛人を雇い その人とだけ浮気させる事なのだとか 


浮気される事よりも サゲマンと付き合われて財運が目減りする事の方が嫌なのだとか 

(>_<)


どうせ浮気するなら あげまんタイプの女性を選んで付き合って欲しい


そうすれば そのあげまんタイプの運も入って 

一石二鳥\(^o^)/~♪


と言う事のようでした 

<(_ _)>


まさにそのセレブ奥様のあくなき出世欲


ひたすら旦那さんに出世 成功して お金持ちになりたい思いの権化とでも申しておきましょうか 

<(_ _)>


さて前回の続き (・ω・)/~♪  


前回は 犬神タイプのあげまん女性についてお話ししました


周囲から主に一人の主の為に 他の人の運を集める女性


それが 犬神タイプのあげまんさん

(・ω・)/~☆


まあ厳密にいえば 主(旦那様 彼氏)だけでなく 


家族 友人の為に運を集める人も居るようです


いずれにせよ 周囲の人間から運を集めて 付け替える技の持主 


で・・・今回はもう一タイプのあげまんさんについてお話したいと思います

<(_ _)> 


タイプ2  能天気お日様タイプ\(^o^)/ ルンルン-♪(ノ^^)八(^^ )ノ―♪



このタイプのあげまんさんの恩恵に預かれるのは 

パートナーだけではありません 


お日様タイプと言うだけあって周囲全てを良くする傾向がある 


交友関係のある人達が自然と 全て良くなっていく 


犬神タイプと そこが違います  


周囲の人達から運を吸い取ったりしないのに

何故周囲の人を 良くできるのでしょうかぁ?

(・・;)? 


なぜならーーーーーー!


\(-o-)/

元々お日様タイプの女性は 運が強力に在るからです~♪

☆☆ ワーイ♪☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ワーイ


生まれながらに強い運を持っている

\(^o^)/\(・・;)/!


このお日様タイプあげまんさん


特徴としては ともかくマイペース


のほほ~~んとしていて いつもリラックマしていて


浮世離れしていて 会話していても ワンテンポずれている 


スローモーな感じがする


周囲に 明るいエネルギーを発散する御方なので


基本 女性以外の方からは 好かれるようです

<(_ _)> 


特に縁もゆかりもないお年寄りから 


街中で唐突に 話しかけられたりする・・・


町で出会った吸血鬼系の男の人に いきなりプロポーズされるのもこのタイプが多いです

(>_<)


吸血鬼系の男の人は 運の強い女性にはもろに敏感

(・・;)

はじめてみた時から


「 この女性こそ吉祥天 この女性こそ弁天様! もう御嫁さんにするしかない!!」


という堅い決意で 追いかけ臨むのだとか

<(_ _)9)MAHAOの知人でもナンニンカイタ・・・



このタイプの女性は 普段 男性に尽くしてるようには見えません


逆に要求ばかりしている

φ(・・;)


あれがしたい!

これがしたい!


無邪気に 子供のような欲求をあからさまに出している


例えばこう言う方がいらっしゃいました


某音楽関係の会社の社長さんの奥様


その社長さんが売れないバンドマンをしていた時代から付き合っていたそうで 


猫好き 典型的な お日様タイプさんなのですが


ある日いきなり旦那様に 


\(^o^)/「私 野菜を作りたいから 畑のある家が欲しい♪ 」


と言って 旦那様の仕事場のアクセスなど関係なく


田舎の方に 大きな家を買わせました


さらに猫が飼いたい!と言って家に野良猫捨て猫ばかり13匹も這わせていました 

(・・;)・・・・・


また別なお日様タイプの奥様にはこういう方が・・・ 


家事嫌いと言って全然家事をしていない代わりに旦那さんが家事シテタ・・・ 


(・・;) 小さな手狭なアパートに旦那さんと一緒に住んでる頃から 


花が好き 庭が欲しい だから引っ越す 


と自由勝手気ままな事を言って・・・・・・


旦那さんはそのあくなき欲求を叶える為 仕事をしている内に 

いつの間にか資産家になっていた・・・

(・・;)アレ?


また別な借金持ちの某大工さんは


十数年で 駅前に数棟のビルを持つ資産家に成長しました


その奥さまは 貧乏な頃から 数百万の呉服をどどーんと買ってきて 


旦那様が請求書を見て驚いた時に


「 何とかなるわよ 貴方なら \(^o^)/大丈夫-♪ 」


と言って 3秒後には数百万の請求書のことなど忘れて 


鼻歌を歌いながら 呉服を楽しそうにニコニコと眺めていたそうな・・・


旦那様が 経済的にどうにかせざるを得ない状況まで 追い込んでいく 


無邪気なまでに恐ろしい欲望を発動し エネルギー面で サポートしながらも 


男性の火事場の馬鹿力を発揮させる 

(・・;)


無謀なまでの マイペース まさにどでかい子供 


天真爛漫な凶器といった風情です


性格的な特徴としては他にも 


気を使わない

一緒に居ると元気になる

エネルギーが強い

ちょっとメンヘラー入ってる

空気読めない


等があげられます・・・


<(_ _)>


体型的には中肉中背 もしくはややポチャタイプ・・・

ガリガリに痩せられた方はほとんどいません


人相としては 口は大きく 目も黒眼が大きく 鼻も大きく 足も 顔も大きい女性が多かった・・


で全てのお日様タイプに共通する 最大の特徴は


不安感の欠如 ☆☆☆☆―\(^o^)/―☆☆☆☆


周囲から見て崖っぷちとも思えるような苦境でも


大丈夫―☆何とかなるわよーーーー的なエネルギーで\(^o^)/~☆


常に何とかしてしまいます


苦境を苦境と思わない 


というか苦境を全然わからない感じ

(・・;)


ある女性はこう言っていました


「 私 ホームレスの人と結婚しても大丈夫よ-☆

だって 財運があるから だからどんな人と結婚したって大丈夫―☆ 」

\(^o^)/―♪


ちなみに某ブログで ご存知霊感少女Mちゃんは 


お日様タイプのあげまんさんについて こう語っておりました


「お日様タイプのあげまんって数が少ないんだよね・・・


犬神タイプは結構数 見るんだけど 


お日様タイプはおそらく100人に1人居ないか位 


特に今の時代は少なくなってる


小さな頃から親や学校に 妙な教育を施されて 思いを潰されちゃう人が多いから 」


φ(・・;)そっそうなんだ・・・


「私 運を上げてくれそうなタイプには 何ももらわなくても 


自分から色々教えたり 尽くすようにする


運をくれるタイプに 色々すると


より以上の大きな対価が返ってくるのを知ってるから」


φ(・・;)・・・・・


「流れるエネルギーの差で 自分に運をくれるタイプか 自分の運を吸うタイプかを見分ける  


お日様タイプのあげまんからは 


その子の居る方角から 暖かなというか 暑苦しい位のエネルギーがどっと流れこむ感じる


さげまんとかと 明らかにエネルギーの質が違う 


大抵のさげまんは 暖かいと言うよりも ひんやりした空気を感じるの


巧妙なさげまんの場合でも一見 暖かいエネルギーを流してるように見せるけど必ず 後で抜いていく 


それとあげまんは 一部の鼻が効く吸血タイプの男を除いて

そんなにもてるわけではない 


一般的にはさげまんの方が性的魅力にあふれてるの


生きる為の手段としてさげまんは 快楽を与える事に長けている 


あげまんとずっといると エネルギーが強すぎて 

疲れを感じる事もあるし

男によってはウザいと感じてしまうの  」


φ(・・;)・・・・・・・・


「 

でもお日様タイプは 途方もなく 運が良い女性 


犬神タイプのように 運をあっちからこっちへ付け替えたりしない


自分の持っている運をそのまま流し込んでくる  


気を使わない マイペース


嫌な事はしない 無理に人にも合わせない


自分を抑えない 自分を良い人に見せようとしない


自分を良い人に見せようと気を使う人は 腹黒いタイプが多い


気を使わないって事は それだけ素直に自分を出せてると言う事


自然に素直に生きてる事の証 」


φ(・・;)


「 でもそういう素直さは 周囲の反発を招く


特に同年代の女性から 大部分の女性は 自分を抑える生き方をしているから


だからお日様タイプのそういう生き方を見ると癇に障るんだろうね 


身勝手で 自分勝手に振る舞う女性に見えている   


その事を契機にされ 虐められたりもされる


また気が回って無い分 人の話を鵜呑みにして騙されやすかったりもする 」


((((φ(・・;))))


「ある知人のお日様タイプのあげまん女性は よく変なセールスにひっかかって 


粗悪品を買わされていたし 


振り込め詐欺にも コロコロ ひっかかっていた


でもね お日様タイプは いくら虐められたり 騙されたりしても後で 回収する事が多いのよね 


騙されて 損したように見えても 


いつの間にか騙された以上の物をどこからか回収してきてる


本人が回収してると言うより 


周囲の見えない力が 加勢して 虐めたり騙した人から 


回収してきてくれる感じがする


所謂 守りが強い 


凄く 守護の力が強い 


守護が強い理由は おそらく親や先祖の影響が大きい


私が見た限りでいうと お日様タイプのあげまんの親は例外なく良い親が多かった


家系的に周囲を 良くしていることが多かった


周囲を良くすればするほど 感謝の念は集まってくるから必然的に運も良くなる 


運とは思いの力 


長年蓄えられた感謝の思いは 子供達の運を良くする 


運の良い家で生まれた子供が 運良く育てられ 


新たに運を呼び込む性格に育つ財産のように 


運を受け継いでる子供とでも言えるかな? 


資産家の年寄りは 敏感なのか そういう運の集まってる家系の女性を見ると 


自分の息子の嫁にしたがるよ  自分の血筋に良い運をもたらしてくれる 


女性だってことを感じるんだと思う


政治家の後援会に行くと 


後援者の中で 特定の女性とその家族に うちの息子の嫁に来ないと声をかけられてるのを見るの


見ると 大体 女性もその親も運のよさそうなタイプなのよ


持っている運を見抜いて 口説きおとそうとしてるのがよくわかる 」


φ(・・;)・・・・・  Mちゃんの話では 


お日様タイプは 周囲に気を使わない分 思いも強いと言う事


もともとお日様タイプの親も 能天気な性格をしてられる方が多く 


小さい頃から 子供を罪悪感や道徳観等で縛らず 思うがままに育てる 

<(_ _)>


非常識と言われようが それを突き通すのだとか


それが独特の天真爛漫さを育むのだそうです

ε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノワーイ


しかも 天真爛漫に生きてる女性は 自由に育ってる分


一人で100人以上の念を発するタイプも居る方も居るのだとか


(凄い人だと1000人近く分の念を発するタイプも居るらしい)


(・ω・)/ 元々あげまんの 原理は思いの強さ


思いの強さで世を変えるだけ


基本 夢の操作法と同じみたいです


思い強ければ その思いは世界に発信されて

☆☆ハッシン\(^o^)/ハッシン☆☆☆


集合意識そのものを変えていく


例えば 自分の旦那様は お金持ちになる人


そう狂信的なまでに 思いこめる人

(・ω・) 


その思い込みが発せられると  100人分

(場合によって1000人分)

の念の力で 強く発信される 


周辺世界にどんどんそのイメージは波及され


その結果集合意識が そのイメージを具現化するように 強く動くと

(>ω<)/


Mちゃんは思いの原理を示す一例として こういう人がいるのを教えてくれました

(・ω・)


「 米国に初代皇帝が居たのを知ってる?


19世紀に居た 狂人なんだけど


元はジョシュアノートンって言う投資家


米相場で破産したの 


彼は破産したショックで気がふれて


1859年に自分を合衆国初代皇帝と名乗るようになった


地元の新聞社に 勅令とやらを送ってね 」


φ(・・;)


「彼は日常生活でも皇帝である事を通した 


文無しの状態だけど街を見回り 


自分の臣民が難儀な状態になって無いか チェックしたり


警官に指導をしていた 


はじめは みんな笑い物にしていた 


でも彼は気が狂ったせいか 思いが途方もなく強かった


彼の皇帝としての思いは 人々をどんどん思いの渦の中に巻き込んでいった


サンフランシスコ住民が段々 彼に対する態度を変化させていったの


彼は何年もそうして街を歩いている内 次第に街の人気者になった


ほとんどお金を持たなかったにも関わらず高級レストランで食事をとり 


代金を請求される事がなかった


レストランの主は彼が来る事を名誉の証として宣伝していた 


町で暴徒達が中国系市民をリンチにかけようとした時


彼が現れて 暴徒達の間に立ち 神に祈りを捧げたの 


暴徒達は 皇帝のその姿を見て 自分の行動を恥じるようにして引き上げていった  」


φ(・・;) ・・・


「 彼は尊敬を得るようになり音楽堂や劇場でも貴賓室に通されるようになった 


彼が来る時は 貴賓室に来るまで 舞台の幕はあがらなかった


貴賓室に立つとアナウンスがされ 観客は起立して彼を迎えるようになった


さらに彼は独自の紙幣を発行したの しかもそれが貨幣としてサンフランシスコで通用した


しかも今日 彼が発行したその紙幣は 1000ドルを超える値が付いてる


そして彼の葬儀には 3万人もの人間が集まった 」 


φ((・・;)・・・・・・・


「 思いの強さは周囲を変えていく  一見 狂人とも思える精神構造が 


思いを強く発信するのに一番適していたりする 


仙台四朗さんも 同じタイプだよね 


基本あげまんも 同じ原理が働いてるだけ 


ただ対象が自分で無く 自分に関連する人々に向けられてるだけ


世間的に見て 無職の男達を 


自分の夫は 大成功者 偉大な人間 大資産家


狂信的とも思える強い思いで 周囲に発信してくれる女性ってそんなにざらに居ないじゃない 


思いが強い分 性格的に恐ろしいまでに偏っているから


人間にちょっと崩れている部分もあるし 


エネルギーが強い分 付き合いづらく 


もてなかったりする女性も多い


でもあげまんは 


出世を望む男達には この上なく魅力的なの 


性格のアンバランスを補って余りある位 思いの力が 強烈だから 」


φ(・・;)





その3へ続く・・・


<(_ _)>

AGEMAN伝説 未来の章3

「運を持ってくるのは女


運を奪うのも女


そう言っていた文化人が居た 


女性に多く見られるのが運を付け替えるタイプのあげまん 


運を捧げられる男によっては あげまんとなるけれど 

運を吸われる男にとっては さげまんとなる 


女は 男よりも 過去の恋に執着する 


ある飲食店経営の女性がいたの 


すごくセックスアピールに溢れていて


自分でも愛人タイプと言う位 男性達と既婚未婚を問わず 恋愛遍歴を重ねてきた 


でも彼女と付き合った 多くの男達は 凋落していった 


結婚をしたこともあるのだけど旦那も 職を失い 凋落した


彼女は多くの男から思いを集めたの 

その思いを 自分の生涯で一番好きだった男に今も捧げている 」


φ(・・;)


「それは彼女が付き合った最初の彼氏なの


彼女はいつも人生で最も愛した人と旦那の前でも 彼の事を称えている


そして彼の仕事だけはまだ上手くいっているの 


別れてから ずっと会っていないけど 事あるごとに 彼の事を思い出す


自分の生涯で最も輝いていた時期 その間共に過ごした男として

彼の存在を懐かしんでいる 他の男から得た運を送りながらね 


こんな女が大勢いる


最初の彼氏と言わなくても 

イケメンだったり 

気がきくタイプの男であったり 


自分の人生で一番楽しい時間を与えた男達に 運を送り続けるタイプなのよ 」  


φ(・・;)・・・


「ある種の男達は そういう女性の性質を察知し 利用して 周囲の男達から 運を持って来させようとする


付き合っている間 その女性と一緒に居る時間 最高の時間の演出をするの


相手に楽しさをとことん植え付ける 自分との思い出を愛させる位に


そうしてとことん快の状態にして 相手の無意識を取りこんだと思った瞬間 


容赦なく切り捨てる 」


φ(((・・;))) 


「思いを取り込んだら 根こそぎ思いを吸い続けるのが 彼らの手段


楽しい思い出から 途端に切り捨てられた女達は

男達全般に憎悪が湧くようになる


親から愛を得られなかった子供が 社会に敵意をむき出しにするようにね 


数多くの男達から 運を奪うようになる


でも 心の奥には 自分を容赦なく切り捨てた男との甘い日々が 切なき思い出として色濃く染み付いている


唯一愛を感じさせてくれる存在

唯一愛を感じれた時間 

そこに奪った運を注ぎ込もうとするの 


あるカジノバーの経営者がそうだった 

唸る金にものを言わせて 銀座のナンバーワンホステスを狙った 


お金は使ったけど 普通の客のように 偉ぶることをせず


真摯な姿勢で彼女の相談に乗り 求めに応じ 尽くし続けた


付き合ってからも 彼女の望みを叶え 我儘を可能な限り聞いてやった


最初は ただの金づるとしか思っていなかった そのホステスも


彼の自分に真摯に尽くす姿を見て 情にほだされていった


彼が何気ない要所要所で見せる男気 思いやり そんなものも彼女の心を掴んでいった 」


φ(・・;)・・


「そんなある時 優しい彼が豹変したの


どんな事でも怒らなかった彼が 


たわいもないと思われる ある一点について頑強に怒った


最初は そのホステスもそんな事で謝ろうとは思ってなかった


でも彼はこう言った


「 謝らなかったらもう会わない 」


縁を切ると言い 彼女を屈服させた 」


φ((・・;))・・・・・・・・・


「彼女は本来 屈従するタイプのホステスでは無かった


けどそこで折れてしまった 


彼に詫びを入れた


その瞬間  彼は感じたの 


自分の心を挫く位 あの女は俺に惹かれだした


彼の存在を快に思っている事を感じたの


そしてこう彼は感じた もう取り込めたと 


彼と一緒に居る楽しさを失いたくないばかりに彼女は 彼にどんどん屈従していった


彼女は彼の顔色を窺うようにもなった


そしてそんなある時 彼は冷徹に彼女を切った


居場所も連絡先すらも変えてしまった 


冷徹に切られたそのホステスは 


以前にもまして 男達から思いや運を吸いあげるようになった


でも心の片隅には 憎いけれど 楽しい思い出を与えてくれた彼とのひと時が残っている


そして彼の事を思い出すたびに 他の男から奪った運を注ぎ込む


忘れられない楽しい思い出 それができる事で もうコードは繋がれているの 


そのカジノバーの経営者は私にこう語っていた


「 俺は 恋愛の駆け引きに 負けた事は無い 」 」


(((((((φ(・・;))))))))



「セックスアピールの強い男 性的魅力にあふれた女は 


運を取り込む為 思いを取り込む為 快の状態を与える技術にたけている 


思いを発信できない人程 思いを別な何かで 集める術に卓越している


そのカジノバーの男の一件は運を取り込むタイプの女をさらに取り込んだ


言わば 魔物達の化かし合いのようなもの 


基本思いがあるが故 成功も存在する 


思いの観点から世の中を見つめると 


みんな思いを食いあいながら 生きている様がわかる 」


(・・;)




さて前回 お日様タイプのあげまんのお話しを話しましたけど

<(_ _)>


お日様タイプのあげまんも 運を吸うタイプの男の人達に すごく狙われやすいそうです 


エネルギーがある分 

エネルギーを求めて 街中を彷徨い歩いてる人々達から

光の化身の如く 輝く存在として認知されるのだとか


特にお日様タイプの女性をこの上なく魅力的に感じるのは吸血タイプの男性 

(>ω<)/


俗に言う運を吸うタイプの男性です 


こう言った男性は お日様タイプの女性を見つけると心の内で こう言う声を聞くのだとか

「 この子こそ 僕の将来の御嫁さんだ 」


そして結婚を決め 猛アタックする・・・


まるで砂漠で乾ききったキャラバンがオアシスを見つけて 一心不乱に進んでいく様を連想させられます 


MAHAOの知り合いでも 駅とかデパートで 


こんな男性によくみそめられ 始終プロポーズされてる女性を知っています


月に一回とかなんてもんではなく 一人で外に出歩くと 


必ずと言ってよいほど そういう男の人につけ狙われるとか

(・・;)  


「 お日様タイプの女性は基本 みんなを良くする事が 


自分が良くなることと考えてる人達


その性格の良さも 見抜かれ 吸血鬼タイプに見初められやすい


運を吸う吸血鬼タイプは そのような女性を見ると とことん縁を深めようする


はじめて会った瞬間 結婚を決意したと言っている男は 吸血鬼タイプが多かった


彼らはエネルギーを欲しているからエネルギーの補給源が絶えず 必要なの 」


φ(・・;)


「でも吸血鬼タイプのほとんどは その名の通り吸い尽すのみ


周囲を花咲かせる事はしない 寂しげで不毛な荒れ地に変える  


吸血の程度が酷い男と結婚し 家族の縁を繋いだ日には目も当てられない


結婚した途端 籠の中の鳥にされる 


終いには恨みの楯にまで使用され 運を吸い尽されるから 」


((((((・・;)))))))


「 その手の男達に共通するのは 結婚前 誠実で良い人に見せようとするのに長けている事 


私の知ってる純朴な女性も もろお日様タイプだった


田舎から 上京して間もなく  たまたま遊び人の業界人に目をつけられた 


奴は 女を見る目が異様にきくの 


奴に仕事を紹介され 仕事仲間に 自分の事を良い人だと 彼女の耳に入れるようにした


少しづつ周囲が外堀を埋めるような形にし 良い印象の噂をとことん植え付けた後


彼が貴方に好意を持っていると 周辺の口から言わせるようにした


そうして仲を取り持たせた 


付き合っている間もとことんやさしくして 彼女と結婚した


結婚後 彼は豹変した 彼女は 許可の無い外出も禁ぜられ


厳しい管理下に置かれた


仕事を辞めさせられ 他の男に出会えないように 居場所は家の中と自分が許した場所だけに限定された


お買い物をする場所も店を指定されていた 


そうして彼女は名ばかりの役職につけられ 公的な立場でも逃げられないようにプレッシャーをかけられ続けた 」


φ(・・;)


「男の仕事は伸びていった


メキメキと仕事を広げていったけれど


奴は女癖が悪かった 自分が手をつけるだけならまだ良いけれど  


自分の収入を増やす為に 自分が仕事を紹介した女達を 仕事のスポンサーに売った


飽きたり利用価値が無くなった女達は 平気で切り捨てた 


対価として渡したのは ほんの僅かな仕事だけ


後年になって利用されただけた事に 気がついた女性達は 彼を恨んだの


でも奴本人には恨みを引き受ける度量など無かった 


元々運も志も無い奴


代わりに恨みを受けてたのは 奥さんの運


人間は哀しい習性があって 自分に危害を与える相手であっても 


生活の生命線と認知した存在に 運を注ぎ込んでしまう性質があるの


奥さんは 先祖代々から性格の良さが良く 家系的に多くの運を集めていた


でもそんな風にして貯まった家系運は 複数の女達の恨みを買う事でどんどん衰えていった 」


φ(・・;) ・・・


「こないだ 久々にその奥さん見たけど 人相が変わっていた


ふっくらとした福相は 痩せこけ手足もガリガリに細くなって 表情には険が浮いていた 


俗に言う さげまんの相・・・


そしてその業界人の彼は今 その奥さんと離婚を考えている 


恨みの念を吸収しきれないくらい気も運も弱くなって彼も危機を感じているの 


だから 代わりに守りとなるべき 奥さん以上の運の持ち主の女を探している 


これが吸血タイプの男の典型例   」


((((((φ(・・;))))))))


「昔の財界人は そうして運を吸いつくした結果


次から次へと妻を変えたりするような男も居た 


中には生涯に5-6人位妻を変えた財閥を作った男も居た 


現代でも それに近しい事をやっていた某出版社社長を知っている


奥さんを年柄年中変える男は 運を吸い尽すタイプの男が多い 」


さて怖い人達も世の中に居るもんだな~と 


ここでちょっとお話を変えまして 

あるエピソードを

<(_ _)> 


銀座に 某文壇バーを経営している ママさんが居ます


小さな店なのですが 


店は作家さん 編集長さん達ご用達です


ここのママさん 実は大の猫好き

(ToT)。マハオトオナジー


しかも店が引けると 銀座界隈の猫達に 深夜ご飯を配る 


でも銀座には猫好きばかりではなく 猫に虐待したり猫にご飯をあげるのを快く思っていない方も居ます


ご飯をあげてる最中に たまにそういう人達に見つかると絡まれて怒られたりするのだとか

(>_<)


でもそのママさんの凄いのは そうして怒られると

\(◎o◎)/


何百万もする高価な着物であってもその注意した人の足元にしゃがみこみ


 「申し訳ありません 」と土下座するのだとか 


で翌日もあいも変わらず猫にご飯をあげ続ける


つっ強いΣ(・ω・ノ)ノ! 


さてこのママさん 長い間 某超大手出版社重役さんの愛人さんをやっておられました


最初はペーペーに近い状態の部課長クラスさんだったのですが


付き合っていく内 どんどん出世していったのだとか 


次期社長候補と確実視される地位まで上り詰めたそうです


しかし 社長を目前にして この重役さん ママさんと別れてしまいました


出世して 色んな女性が寄ってくるようになった


その重役さんママさんと別れてからは 若い女性達と次々飲みに行ってたのだとか・・・

(・・;)


しかしその後その重役さんは 本社の重役から一転 子会社の社長に出向となってしまいました


今では フリーライタ―のようなお仕事をしているとか・・・

φ(・・;)


これ程までに変わるとはちなみに件の猫好きのママさんの港区のマンションには 


捨て猫 拾い猫が50匹ほど飼われております


Mちゃん曰く その男性は ママさんの運と言うよりも 


ご飯をくれたり 飼っている猫ちゃん達の運が 乗って出世したのだとか・・・


「 有名タレントが 捨て猫を拾って その後 ブレイクするパターンは結構あるの


凄く思いが強い猫 


猫は自由闊達な分 念も人より大きい


特に義理堅く 運が強い猫は 超あげまんと同様に  


自分を愛してくれて 自由にさせてくれる 飼い主を応援してくれる 」


そう言えば MAHAOも空ちゃんと出会ってから 色んな不思議な事が多かった


空ちゃんは不思議と義理堅いニャンニャであるし

\(^o^)/~♪

治療代に困ってた時 数百万円入ってきたり 


やたら企業の経営者さんや 吸血タイプのお兄さんが空ちゃんの事を欲しがったり 

猫嫌いのMちゃんですら空ちゃんを飼おうとしていた


これはあげまんならぬ あげ猫―☆

(・ω・)人(・ω・)


いつかは 


MAHAO AGENEKO伝説を書かなければ と思った次第で

<(_ _)9ポリポリポリ 



AGEMAN伝説 未来の章 その4へと続きます 

AGEMAN伝説 未来の章 その4


巷に流布してるあげまんのイメージと 


モノホンのあげまんさんは いささか違うようです

<(_ _)>


20年近く前に 公開された映画で「あげまん」と言う映画がありました


当時かなり話題になった作品ですが 


Mちゃんはこういう事を漏らしていました


「あの映画をTSUTAYAで借りてみたんだけど 


おそらく聞いてきた様な 正しい設定も含まれてるとは思うんだけど


あげまんと目されてるヒロインが 


あげまんとは思えないような 発言をしていてびっくりした


あの映画のラスト近く


失職した主人公の男性にあげまんのヒロインがこう言っていたの 


「 いざとなったら あたしが養ってあげる 」


あんな言葉を使う あげまんは居ない 


あげまんは 男を自分の生命線として 持ち上げるのが常だから


あのセリフは 自分が男の代わりに生命線になりたい意図が見え隠れている


あれは運を吸うタイプの女が使う典型的な言葉よ・・・・・・」



φ(・・;)


「男に対する褒め方も 何気に上から目線だった


先生が子供に対して諭すよう  支配欲剥き出しな褒め方 


ああいう褒め方は 最後に運を回収する犬神タイプに多いの


お日様タイプのあげまんが 男を褒める時は もっと馬鹿っぽくて


無邪気な娘がお父さんを褒めるようにして 褒めるパターンが多い


権力者が好むあげまんの設定としては 微妙かな 」


φ(・・;)・・・・・


「一般の人は 尽くしてくれる甲斐甲斐しく献身的に尽くす女性を


糟糠の妻 あげまん と捉えるイメージがあるけれど


労働奉仕に長けた女性と 精神的な応援に長けている女性とは専門分野が違う


尽くしぬくタイプの女性に 余りあげまんは居ない


あげまんが使うのは手足でなく 


もっぱら思いだから 


あげまんは 相手を生命線と思い


その生命線を応援する事によって


自分に得が返って事を考える 


男を持ち上げたい 


もしくは 持ち上げる事で自分が良い暮らしをしたい女性


自分が持ち上がりたい キャリア志向の女性とは根本的に思想が違う 」


φ(・・;)・・・


「 そういえば キャリア志向の強い女性も


運を捧げてくれそうな男性と付き合う事が多い


男性でもあげまん的存在は居る


運を捧げる女性が 居るように 運を捧げる男も存在する 」


φ(・・;) そっそうなんだー


「 私の知る限りでいえば仕事のできる女性に飼われているような男性 


道楽の様な仕事をやったり 甲斐性無しと思われてる男性に 


そういう思いの強い人が多かった


ある趣味のような仕事をしてたほとんど無職の男性が居た


以前 相談相手になりながら 周囲の運を編集長の彼氏に捧げる 女編集者が居るって話をしたけれど

(未来の章1<(_ _)>)


彼女が特に親しく友人関係を結んでいた 


モテナイ男の代表格の様な人に強烈なあげまん男が居たの 」


φ(・・;)


「その男の人 親元で暮らしていた 


一人では自活できていない状態だった 


母親が仕事をしていたんだけど 口うるさく 母親は彼に自立しろと 言っていた


でも自立しろと言ってる割に その母親 行動が伴っていなかったのよ


彼が就職すると 数か月で止めさせる 


そんな仕事をするな と途中で会社を辞めさせるように言う


家を出て 独立しろと言って


彼が家を出ると 暫くしてまた 用が滞るから 戻れと言う 


それを何度も繰り返し


また働けと言う


働き先を見つけて 働き出すと 


また数カ月で 文句をつけて辞めるように導く 」


φ(・・;) なっ何故?


「本音では 彼に自立してほしくないからよ


母親は彼の運を欲していたの


定期的に働かせてるのは 彼に自分が養っている事をより印象付ける為


その彼は私の知ってる男達の中でも 最も運が強かったの 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・


「その彼の友人には女編集者だけじゃなく 


OL 女性経営者 芸術家志望の女性2-3人 


不思議な事に彼と親交を結びたがる女性が何人も居た 


みんなキャリアタイプ


でもみんなただのお友達 


彼は男性としてモテル外見じゃなかったし


気も全然効かないタイプだった  


親交を持ちたがる女性達は 各々イケメンの彼氏が居たり 


実業家の彼氏が居たりした


彼は そんな女性達に話し相手 相談相手になって 食事を奢ってもらったりしてた


彼が親交を結んだ女性達は 


恋人が出世したり 自分が出世したり


作品が世に評価されたりした 


彼は恋人関係にならなくても お友達として付き合うだけで 

運を上げてくれる便利なタイプだった 


母親は 自分の他に運を吸おうと寄ってくる女が来ると 蠅のように煙ったがった 


それに彼に接触を取りたがる女性達の間でも お互いを嫌ってけん制し合っていた 


別に恋人でもないのにね 


運の分け前が減るのが嫌だったのよ 」


φ(・・;)・・・・・・・・


「 よく だめんずって言葉があるけれど


だめんずと言われてる男達の中には 女性に運を捧げている男も居るの


女達が運を吸ってるから そういう男性達は 否が応にもだめんずになってしまう


何人かの女は そうして運を吸ってきた男達に 


「 私の夫は 甲斐性無し 」

「 うちの恋人はだめんず 」

「 彼はどうしようもないの 」と周囲にこぼしていた


彼がとんでもない男で自分はさも一人頑張っているような イメージづけをしていた   


あちらこちらで 彼の事を笑い物にしていたけれど


ああいうのが 本当に恩知らず 


あげまんの奥さんに対して


「 うちのかみさんは ただ寄生虫のようにくっついてただけ 怠け者 」

と言ってコケ落としてるのと余り変わりがない


運が強い人は ただ存在するだけで 力になる


無職 甲斐性無しと 蔑まれてる男性には パートナーの女性に途方もない運気をあげている事が多い


某女性お笑い芸人が テレビ上で無職と茶かしてた ブレイク前から 付き合っていた恋人

気を見ると もろ あげまんタイプの男だった


同棲して 数年後に人気者になって

散々彼の事を馬鹿にした後に  

別な男性と結婚したけれど  


出世してから 自分の力と奢り高ぶって運を捧げてくれた男を 


使い捨てにする女も居る 奢り高ぶった男達と同じ行動 」 


φ(・・;)・・・・・・・・


以前話したけど有名人や 実業家も 自分の配下に 


思いの強いと思しき男達を配下に抱えている


一見 何もできないと思われてそうな人だけど


そう思われてるだけで


実は 一番有益な存在でもある 


ある男性は かつての仕事のパートナーを


「彼は天才 彼は天才」と連呼するように持ち上げていた


いや

持ち上げるようにパートナーに巧みに 誘導されたというのが 

正しい言い方なのかもしれない 


パートナーを崇めれば崇めるほど 彼自身の仕事は凋落していった 


対するかつてのパートナーは どんどん仕事がうまくいった


自分の事業が失敗し 食い扶ちを色んな人に頼るようになればなるほど


かつての仕事のパートナーの輝かしき成功を見てまた

「 天才天才 」って崇めていた 


貧窮し どん底状態になって しまいには消えていった


最後まで かつてのパートナーの事は崇めていたよ


自分の為に その思いを使えば 彼は消える事はなかった 


私 彼の姿を見て思ったの


思いを吸われたと・・・ 」


φ(・・;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AGEMAN伝説 未来の章 5に続く

AGEMAN伝説 第二章 こはるのあげまん伝説

今回は コハルちゃんから聴いた あげまん伝説

<(_ _)>


コハルちゃんによると あげまんと呼ばれし大半の存在が


犬神タイプのあげまんだそうです

(・ω・)/


犬神タイプのあげまんとは 以前簡単にご説明しました


運を付け替えてくるタイプのあげまん (・・;)


例えば成功しかけてる人の運を持ってきて 自分のダーリンの所に付けかえたり


リーダーの座を 他人から持ってきて 自分のリーダーに捧げてしまうタイプのあげまん

(ノ^^)ノ.。o○(◎o◎)v

世にあげまんと呼ばれてる女性の多くが これに類するのだとか


犬神タイプの特徴は できかかっている人の運を運んでくる分 即効性はありますが


人が発信しているものをもってくるだけなので 


効果が切れるのも早い  


運を補充し続けないと 効果が薄れていくのだそうな・・・・・・

(・・;)

その為 犬神タイプの女性は居なくなったり 


周囲に運の補給源がなくなると 急速にしぼんでいく


一過性のブームで終わるタイプの文化人の横には 


こうした犬神タイプのあげまんさんがついている事が多いようです

(・ω・)/

さてコハルちゃん曰く こうした運の付け替えが得意なタイプのあげまんとは別に


究極のあげまん的存在がいるらしいです

(≧▽≦)―☆

それが究極のあげまん「 ポインター 」

\(^o^)/


今日は そんな究極のあげまん ポインター について記していきたいと想います

\(^o^)/ー♪


「意志と意識は根本的に 同じ 


音と光 響きが同じものと一緒


意識強い存在は 強いから巻き込まれない

「 自分は自分 」

いつもそう感じている


どんな場所でも「 自分は自分 」

いつだって「 自分は自分 」


だから周りに巻き込まれず


逆に周りが引き込まれていく


「 自分は自分 」こそ 周りを巻きこむ強力な呪文


台風や渦潮の中心は流れに巻き込まれていない


自分を保ちながら 周囲を巻き込んでいる


周りに合わせない事 周りが気にならない想いに


みんなが 惹かれ巻き込まれていく 」


φ(・・;)


「 「 自分は自分 」それを強く持ってる存在ほど 


他のエネルギーの形質が気にならなくなる


攻撃や怒りも気にならない 全て自分のエネルギーに変換してしまう


叩かれても 取り込んで 応援に転嫁し


妬みも取り込んで 力に転嫁してしまう 


搾取する人は エネルギーを転換できる女性を置きたがる


何故なら搾取する人ほど 意地悪な人多い


恨みもいっぱい買う  でも恨みいっぱい買うと 怖い 


だから 怨みのエネルギー転換できる女性 傍に置けば


いくら搾取しても 全部応援エネルギーに変えられる 


美人の愛人さんがいっぱい作っても


そうした女性の利用価値を知っているから


逃げることを許さない 


ストーカーになったりする


 」


φ(・・;)・・・


「 エネルギーを多く集めれる人は 


多くのタイプのエネルギーを自分に取り込める


いじわるしたり イジメル人も みんな応援団に変えてしまう


いじわるされたり いじめることも 応援だと書き換えると


その書き換えたエネルギーが 周囲から もっとエネルギーを集めてくる


いじめられた事を応援と想うと


より大きな周囲が いじめられてるの見て 可哀想 力なりたい想って応援する


いじめも応援と記録する人 いじめられながらどんどん気持ち増やしていく


どんなエネルギーも自分のエネルギーに変えちゃう魔法使い


 」


φ(・・;)・・・・・


「 


宇宙で起こった事の全てが 集合意識に記憶として記録されている


でも時が経つにつれ 風化したり 上書きされたりして 薄れていく 


埋もれてしまう存在になってしまう事がほとんど 


集合意識の記憶は全員が作るのではない 


ポイント的に増幅する存在が居る


その存在により 集合意識の記憶が作られる


それがポインター 


人間には数万人から数十万人に一人 


その人が増幅して書き込む


それはある種の霊能力


ポインターは記憶を増幅し


集合意識に書き込み歴史を作るツール


ポインターが周囲に居ると どんな存在でも


簡単に世に出れる


日記を書くように 集合意識に増幅して 書いていくから

「 ○○はとてつもなく凄い 」「 ○○は革命を起こす 」


そういうイメージを 集合意識に増幅して書いていくと


当然そうなる


吸血鬼達は ポインター的資質の存在を見つけると 囲いこみ 


イメージ操作しようと必死になる


すごいすごいと想わせれば 


集合意識に 自分をすごいと書き込んでもらえるから 


そしたらみんながすごいと言ってくれるようになるから 


だからポインターをイメージ操作してしまう


自分が良い印象になるように  」


φ(・・;)・・・・・


「 

歴史の偉人の影に 必ずポインターが居た 


ポインターが集合意識に書き込んだから歴史に記録される 


ポインターついている人 偉人になれる


ヒトラーや ナポレオンの傍には ポインターが居た 


キリスト教にもポインター居た


角栄は 奥さん居なかったら世には出ていなかった


呂尚(太公望)やソクラテスの妻も 悪妻と言われてるけど 


彼女らもポインターだった


歴史はポインターが 書いている 」


φ(・・;)・・・・・・・・・


「 

でもポインターは 


その存在の想いを 集合意識に書き込んでしまうか


もしその存在が 搾取や略奪 人を殺す想い持つと


それも記録してしまい 


現実化する


すると悪名が残る  


悪名残れば ずっと


悪名に苛まされる


もともと 搾取者 他からの評価気にしていた


彼らにとって悪名は 凄く凄く辛いこと 


だから


そのまま魂が消えちゃったりする 」


<(_ _)>

だそうです


歴史とは ポインターと称する超あげまん気質の存在により


集合意識に記録され 作られるのだとか


「歴史はポインターによって作られてる」


ワーイ♪☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆彡ワーイ


でもポインターにも 長所短所あり 何でも記録されてしまうらしいです


\(-o-)/

なので弱者から少ない対価で多くを奪ったりするような想いを抱くと


それが現象化して


後の世までずっと記録されてしまう事になると


<(_ _)>何卒 お気を付け下さい 





そして次回は ポインターの形質と

\(^o^)/

ポインター的な 書き込み方をする 


コツの様な物を書いていこうと想います

<(_ _)>


さあこれを読めば 貴方もポインターになれる

(・ω・)人(・ω・)ワーイ 



<(_ _)9?



AGEMAN伝説 第二章 ポインターの術(わざ)

さて前回 歴史はポインターが 作るというお話しをしました

<(_ _)>

ポインターと呼ばれる集合意識に情報を書き込む 


鍵的存在が強力に集合意識の奥底を変えていき 歴史をつくりだす 


ポインターとは 発信系の能力をさらに効率的に高めたタイプ


ポインターが集合意識に及ぼす影響は 地域のコミュニティーを超え


全人類的な集合意識を じんわりじんわりと書き換えてしまうのだとか


集合意識を変えてしまう事により 歴史すら書き変える


それがポインターです\(^o^)/


勿論 木のヌシ程 超強力に人間世界をプログラミングコントロールできているわけではないですが


歴史の偉人の影には 大体ポインターと呼べる存在が居ます 


ポインターの性質的な共通点


それは人の顔色 空気が全然読めない


ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ\(^o^)/\(^o^)/♪


ポインターはかなり気がききません というか全然気を使っていない


何故なら 自分の世界に完全に没入しているから


他人の目線 評価等も殆ど意識しません


在るのは自分の心の感情のみ


だからこそソクラテスの妻の如く 悪妻に見られるような行動まで大胆に振る舞える

(・・;)


時代劇で描かれる秀吉の妻 ねねは 控え目で気配りができる印象で描かれていますが


あれはどうやらただの脚色なようで


本当は かなり気が強かったそうな 


夫が浮気した時には 夫の主君である泣く子も黙る怖い鬼 織田信長に訴える程だったとか


でも主君の信長からはえらく気にいられていたようです 

(・・;)・・・・・

犬神タイプのあげまんは さげまん程では無いですが 


ポインターよりは 多少周囲に目を配っています


人の運を付け替える性質上 人に目を光らせていないと 運を吸えないからです


こはるちゃんは こう言っています


「 ポインターにも強さ在る


でも歴史を作れる位のポインターは 最初は緩やかな効果が多い


数年間 一緒に居ても 目に見える変化は少ないかもしれない


でも確実に集合意識に 付き合った男性の想いを描き込んでいってる


でも他人の事 余り気にしてない


より大きな物の力借りてるから 


風の流れ 時代の流れ 気の流れには興味あっても


人の顔色は ポインターにとって 些細な存在にもなってないの 


普通の男性は  落ち着き求め 良妻賢母な女性を求めてる


でも貪欲な男達は


男をあげる女性ほど  空気読まず  怖いもの知らずのように 


ふるまう事を


本能的に知っている


ポインターは 一旗あげようと想う男性とは 相性がいい 」


なのだそうです♪ \(^o^)/


やはり空気を読まないのがポインターの特色なようです 


ただ短所もあるようで 人の事を気にかけない分 


誘導されやすく 騙されやすい・・・

。・;(≧△≦);・。

気が効かないので  うまくつぼをつかれるとコロコロころがされてしまうのだとか


そしてポインターは 念の発信の仕方に 独特の特徴があるようです

(・・;)

例えば 何かお願い事する時 


私達は つい習性として 目の前の建物や 像 そして自然存在等にお祈りします

(・人・)オネガイシマス

祈りの場で 目についたものに祈りを捧げる 


それが大部分の人の傾向なようです

<(_ _)>


しかしポインターはそんな時でも 目の前の存在に祈っているようで 


目の前の存在に念を発信してるわけではないらしく


MAHAOも実は ちょこちょこっとやるのですが


祈る時は目を閉じ 自分の奥の奥に念を発信するような感じで祈ります 


もう既に叶っているようなイメージを 自分の奥の奥の方にぐいっと書きこんでいく感じに祈ります

(―人―)

何故 対象に想いを向けず 自分の奥に描きこむように 祈るかと言うと


それをやる方が 昔から効率が良い感じがしたからです


外の対象に祈ると 念が拡散され 叶うとしてもなんだか非効率な感じがしてました

(・・;)

でも内側にすとんと想いを入れて発信した方が 叶いやすい事が多く 

(ノ^^)八(^^ )ノ

これがいつの間にかMAHAOのお願いの仕方になっていました 


直感的なものですが


コハルちゃん曰く 内に想う祈り方こそ 最も集合意識に届きやすい祈り方だそうです


何故なら 集合意識への最短距離には 自分の深層意識から通った方が早いからだとか


深層意識と集合意識は繋がっていて 外の事象に願いを飛ばすより


内に飛ばした方が はるかに効果的なそうです

\(-o-)/


そういえば こういう言葉もあります 「 神は自分の内に在り 」


実はまさにこれなのかと(・ω・)


例えば 木さん等 目の前の存在に祈る行為であっても 


自分の視界の外側の木さんに念を発信するというより


内側に念や願い事をこめ 木さん宛てに発信した方が 


その木さんの深層意識に繋がり より想いが響きやすいのだそうです


この世の表面は表象で 内の世界に真がある 意識の中に真がある


ならば目の前の存在(木さん等)の意識も 


意識の内から話しかけた方が 外を通すより近い


MAHAOがちっちゃい時からやっていたこの祈り方

(―人―)


不思議と こはるちゃんの言うポインター的な祈り方に 共通してる様です

(・・;)?

木さんに頼む時も 視界側からではなく 心の内を通して頼む


これがコツなようです

ワーイ♪ヘ(゚∇゚ヘ)v^ー゚)v ヘ(゚ー゚ヘ)ノ゚∇^)ノ ワーイ♪.


「 想いを叶えてくれるのは みんななの 


みんなの集合意識に 想いを直接届けた方が 


外に発信して跳ね返った念よりも はるかに強く入り込む  」



強力なポインターで在るサクラちゃんはもっと大胆に集合意識に書きこんでるようです

(・・;)

サクラちゃんに ポインターになるには どういう風にすれば良いの?


って聞いたら(^◇^)?


こう言うメールが返ってきました(注;うちは猫からたまにメールがきます)


「ポインター簡単 シンプルね


ただ描く描く描く作画 中心描き描き描き 


サクラ サクはサク評価はサクラが作ってく 


みんな巻き込まれるねグルグルグルグルグルグル


サクが描く描く描く邪魔な所は上から描く描く描く


上書き上書き描き描き描きお絵描き楽しいね♪


描き描き描きサクラのキャンパス


描き描き描きできあがり簡単でしょ♪ 」(サクラちゃんから来たメールをほぼまんま転載)


<(_ _)>


通訳しますと何でも他の存在が 


集合意識に自分と逆なイメージを書き込んでも


そんなの気にせず どんどん上書きしてしまうのだとか


中心と言うのは集合意識の 中心の中心部分らしく


集合意識の中心の深い部分をイメージしてどんどん他の情報があっても気にせず 


描いていくのがコツだとか


「他の絵あっても気にしない


強いもの勝つ当たり前 


上書きすれば より深み増す 綺麗綺麗


色に深み増す 絵に深み増してくね 」




追伸


そういえば Mちゃんにポインターについて聴いた時 こんな事を言っていました 



「 根拠なき評価が 本当の評価になる


自分が強い思い込みで書くと まわりが強い思い込みに巻き込まれ 


本当の評価になっていく


評価なんて所詮 


想いを多く集めれた方が得れるシステムなのだから


想いを多く巻き込める強さを 持った方が 


多く評価を得られるのは 至極当然だと想う


確かに 念は外より内に向けた方が より効果的に発信される


空気を読んでいると 基本自分の念は 弱まっていく


外の世界に気を捕られるから


でも今の時代 発信系の人間でも 周囲を読むような教育ばかりさせられている


だからポインター的資質を探すのは 本当に大変


MAHAOは絶対に 人目を気にしちゃ駄目  そのまんまで居て


ポインターって探すのが本当に 一苦労だから 」



(^◇^)ノシ)) なんだかよくわかりませんけど


Mちゃんってば  MAHAOをずっと囲っておきたい様な事を言っておりました


ひょっとすると 囲われちゃうのかしら

(///▽///)テヘヘ? 




補足の追伸


男性でもポインター的資質の人がいるようで


合衆国初代皇帝のノートンや(詳しくは過去記事かwikipediaを参照)


仙台四朗さん等が そのタイプだと言っておりました


いずれも外界が目に入っていない

(・・;)・・・・・・・・・


また犬は外界に気がいっているので さかんに吠えまくり


猫は内の世界に気が向かっているので いつも目を閉じ よく眠るのだとか


動物で言うなら 猫タイプの方がポインター的資質があるようです


<(_ _)ノイジョ!



AGEMAN伝説 第二章 「 データでは計れない真実 」

Mちゃんの知人の知人に


Tさんという 高校の先生が居ました 


Tさんは趣味で 占いが好きで 


それこそ町場の占い師さんよりも 詳しく研究していました 


特に得意だったのは 四柱推命で 


自分の彼女の運勢を調べると


強運の持ち主という事で 凄く喜んでいました

ヾ(@^▽^@)ノ

そして


ある日 彼女の知人さんである 


Mちゃんの運勢を見た時 こう言ったのだそうな


「 Mちゃんは 看護婦さんみたいだね 慈悲深いって相が出てる


凄く面倒見がよくて 本当に優しんだね 


ただ気の毒だけど 余り運は強くない 


きっと報われない 運が弱い相なんだね 」


Mちゃんはその結果を聴き


そうなんですかぁーーー


私 報われないのかなぁ・・・


と表面上 儚げな感じを装いつつ


内心 ケッ(-"-)と想ってたそうです 


その時のことを 


MAHAOに こう言いました


「 

あいつ(Tさん)は何もわかっちゃいない・・・


運の弱い人が 


面倒見良く やさしい行動をする裏に どういう意味があるのか


心を取り込む行動が 何を意味するかを


運が弱いは 強運に反転する


用い方一つで 


尽くして尽くして相手の魂を取り込めば


運の強い人の運を そっくりそのまま横取りできるじゃない


データは間違ってないけれど エネルギーの流れが見えていない 


自分の彼女が運勢が強いと言うけど 


その真の意味も 気がついていない


運の強いにも色んな意味があって あの彼女は銀座のママ的な運の強さなの・・・ 」


φ(・・;)・・・・・・


その後Tさんは 


その強運の彼女と付き合い続けたのですが


不思議と 付き合っていくうちに 


Tさんは体調を崩し 非常勤教師に成り 


週に4日が 2日に成り


やがて学校の先生を止めるようになって


隠遁生活を送るようになりました

(・・;)


当時 付き合っていた


大学生だった Tさんの彼女は 


その後 彼と入れ替わるように 


学校の先生になったそうです

(・・;)・・・・・


そしてその後 その彼女さんは Tさんと別れたのだそうな





「 よく経営者は こういう


「 あの女は占いで運勢が良い 」


「 あの女性は 最高の運と出た 」


 「 俺は 運の良い女性としか付き合わない 」


経営者の多くは 付き合う女性の運の良し悪しを調べてから 


付き合ったり 囲ったりしていた


でもそういう経営者は余りよくわかっていない

先も長くなさそうだから 余り相手にしないけど 


運が良いにも色々あり


エネルギーの形質は そう単純なわけでない


占術で出た「 この女性は 運が良い 」という結果を  そのまま鵜呑みにして


運が良い女なら 自分に 運をもたらすと 勝手に想いこんで


付き合い 運を吸われて 自滅した男達は数多くいる


世間的に 強運と呼ばれてる女性の多くは


周囲から運を吸って  自分の運をよくしていく女性ばかりだった  」


φ(・・;)・・・・・・・・




Mちゃんの周囲には お父さんの仕事の関係上 


経営者さんや 資産家さん達が いっぱい居て

(ノ゚ο゚)ノ

そういう資産家さん達は 雇う社員さんや 自分が結婚したり 


愛人として付き合う女性達の運を  皆一様に 


有名な占い師さんや お抱えの呪術師さん等に みてもらっていたのだとか

(・・;)


でもMちゃん曰く 一元的なデータでそれが測れるほど  単純な物では無いとのことです


運の良さには 色々あるし 

どういう視点で運の良さを見なければならないか

その視点が欠けている と 言っていました


<(_ _)>


「 マスカケの相は 運が良いと言う


でもあれは吸引力が在るが故に 運が良い証


マスカケが運が良いからと言って


そんな相の社員ばかり 集めてしまったら


自分の地位は意図も簡単に 脅かされてしまう  


自分の性質との相性


周辺のエネルギーとの干渉を 考慮していない


第一どこを基点に 運が良いかを見る視点が全然 入ってない


大事なことは 


その存在が 運が良いかどうかではなく


その存在が 自分にとって 運をもたらすか そうでないかを見極める事 」


φ(・・;)・・・・・


占い師 呪術師の多くは データに頼ってる


本質的形質は間違っていないけど 


その形質が エネルギーの反響や響き合いによって 


どう変わるかの 視点が欠けている  


本来 運が良いも悪いも無い 


各々の特性 性質を知って   


チェス盤のように どう配置し どう組み合わせていけば


自分の望みが叶えられるか 


それを知る為に 用いるもの


運が弱いと言われてる人達も 


用いる場所 エネルギーの反響次第では


強力な手ごまに成る


逆に運が良いからと言って エネルギーのバランスを考えず 


周辺に集めていれば


自分がその運に飲み込まれてしまう事だってある


自分にとって  


どういう組み合わせが


良いか それを計る為のもの 」


φ(・・;)・・・・・・


「それに 私が見るにおいて


占いで 運が悪いと言われている女性達の中には 


ものすごく周辺の運を上げた女性もいるの


運が悪いにも色々ある


ひたすら自己破滅的に 全てを 悪くする女性も居れば   


自分の運を捧げ 周囲を良くすることと引き換えに 悪くなっていく女性も居る 


でも  周囲が みんな出世していても


占いでは そういう女性は 運の悪い女性と ひとくくりにされている 


データだけでは 何故運が悪くなったのか その裏側が見えてこないの 」


φ(・・;)・・・・・・・


不思議な事だけど


最近経営者や文化人の多くが引っかかる女性は 


周囲から運を吸い  自分に運をつけかえる女性ばかり


経営者も 運が良い女性を求めては居るようだけど 


彼らの周りには 一時代の様な あげまんが寄ってきてない 


さげまんは 占いで 強運の女性と出ることも多いから


そうした女性と付き合っているけど


強運の中には 周囲の運を食って 強運に成るタイプも居る


吸血鬼全体が そうした運を食べる女性達と強く無意識の世界で接触をしている 


集合的に 運を吸われだしているのは


吸血鬼の時代が終わる予兆なのかもしれない 


これも時代の移り変わり 」



まあそんなこんなだそうです

<(_ _)>



ちなみにMちゃん的には

(ノ゚ο゚)ノ

単純に 


財運があると出てる人よりも


人の縁を運ぶ人や


もしくは 病的形質(精神的な)が出てる人の方が 


はるかに 周囲の運を上げる素養あると 


言ってました



「 

人の縁を運ぶ  その反響の仕方によって


べき乗的に 自分に運を運んでくれるの 


それに病的性質が在る人


そういう人は  変性意識と深く繋がりがあるタイプが多い


変性意識と深く繋がれるのは


集合無意識に発信しやすいと言う事 


念が弱いなら 


そうした人を 上手く発信塔として 用いれば  


集合意識に 自分の想いを発信させる 電波塔になってくれる



周囲を落とし続ける運の持ち主であっても


自分の敵に 


送り込むよう誘導すれば


戦わずして 


こちらが勝利を収めることができる


全ては用い方ひとつ 」



φ(・・;)・・・・・・・・・・・・









AGEMAN伝説 第二章 縁ちゃんが見し里 日暮れの谷の犬神

猫は耳が良い 


縁ちゃん 犬神の女性達が 


こう想いながら 


笑顔で 傍に居る男性から 運を付け替えてたのが 聴こえたの   


キモイ男


私らみたいな 綺麗な存在が 


こいつらに親切にしてやってるんだから 


こいつらは運を 根こそぎ持ってかれたって 当り前


というか 逆にもっと感謝しろ  


こいつらの運は 

愛する○○様(ご主人様の名前)に使ってもらうことが 正しいの


それが正義 


彼らは悪 


悪である彼らのエネルギーは 


ご主人様に 捧げることが 世の為になるの     」




犬神の女性達 そう言いながら 奪った運を ご主人様に付け替えてた


でも自分達には つけないの


あくまでも 奪った運は 自分が主と決めた ご主人様に付け替える 


運は女性が運んでくるという言葉は こうしたことから 来ているの 


彼女達は 自分が王になるよりも


王の女になりたい 王を産む女性になりたい そうした願望が強い 


自分が王にならないのは 取り返されるのが 怖いから 


彼女達は知ってるの


取り返しが発動されると 


王様程  


つけた運が取り返されちゃう事を


だから自分達には取り返しの被害が及ばないように

運を付け替えるだけに抑えてる 


そして取り返される直前に 崩れそうな 気を察知して逃げ出すの 


崩れる前に逃げだすことができれば


後で ご主人様が 取り返しにあって 凋落しても 


かつてのご主人様の想いを 自分達が もらうことができるから


凋落したご主人様は 

落ちぶれれば落ちぶれる程 


人生で最も輝かしい時代を想起するから 

そういう習性だから


想いだせば想いだすほど  

その時期 行動を共にした彼女らの幻影を見る 


その瞬間 強くエネルギーコードが繋がれる 


一生 運を吸われ続けるの   


彼女達は かつてのご主人様達が 自分達の事を想いだすたびに 

エネルギーが 入ってくるのを体感するの 


女性達が良い想いを残そうとするのは そのことからなの 


ヒルズのIT長者の元恋人も

有名ミュージシャンの元恋人も 


最盛期には 傍に犬神女性がいた 


そして彼女達は 滅びを察知した瞬間 姿を消した  


でも彼女達も 実はそれほど状況が良くは なってない 


それは彼女達が直に 運を付け替える役回りを果たしてたから 


ご主人様が 犬神女性に 運を付け替えさせるのは 

自分ではそれをしたくないから  


運を取り返されのを怖がってるの 


だから運を奪った実行犯としての役割は  あくまでも彼女達に負わせたい


結局

吸血鬼と犬神女性は その魂が釣り合ってるの 


片一方は取り返しを恐れて


もう片一方も 取り返しを恐れて 


でも両方 奪うことが大好きで  


どっちも汚れ役は 嫌がって 


最終的には どちらも沈んでいく




不毛 縁ちゃん見ていて とても不毛




追伸


縁ちゃんによると

(ノ゚ο゚)ノ


上はフツーの犬神女性さんのタイプで

(・ω・)/


もっと狡猾な犬神女性になると 

どんなに主人に 不誠実な行いを振る舞われても

裏切られても 傷つけられても  

崩れかかっても


献身的に 最後まで支える姿を周囲に見せ

まるでそうした主人の犠牲者の一員の様な  良い印象を残すのだそうです 


そして最終的に 主人が悪役として糾弾される日が来ても

自分だけには 周囲からの同情が来るような 印象操作をするのだとか

(・・;)


でも縁ちゃんの話しによれば


実は 主人を 悪役にしているのも


彼女達の 潜在意識の操作によるものだとか 

φ(・・;)・・・・・・・


そうした一見 善人にしか見えない

一段も二段も上手な狡猾な犬神女性を 


縁ちゃんは ハイパー犬神女性と名付けています 


例えば 某首相夫人や 

某アイドルグループのプロデューサー夫人等が 

縁ちゃん曰く この例に当たるようです


彼女らは質素な服を好み 

フレンドリーに周囲に振る舞って 


旦那様がどんなに浮気しても 決して見捨てず


旦那様を ひたすら持ち上げ続けます 


そして時には 旦那さまから虐げられてる姿を さりげなく見せたりもします


その姿は 周囲から見れば 


さぞかし理想的な 良い奥様に 見られるでしょう 


旦那さまに対して 憤慨の念を起こす人も多いでしょう 


でも 夢の世界で  


彼女らの奥底の本性を見ると


旦那さまに悪事を為させていることも含め


全てを裏から 操っているのは 彼女達だそうです  

(・・;)


好印象を与え


人とエネルギーコードを想い切り繋ぎ 


その縁の力で 


主人を王の地位につかせ 


そして夢で 主人の潜在意識を操作する事で


主人に搾取を行わせ 


そしてその行為の裏で 

人々が滅びいく様を 見ることに 無上の快楽 

歓びのエネルギーを感じているのだとか

φ(・・;)))))))))




自分は高見に座して 


徹頭徹尾 甲斐甲斐しい純朴な妻の姿を装いながら


滅ぶ人々を見るのが好き 


それが  


ハイパー犬神女性の嗜好だそうです 



でっでも


これを本当にあげまんと呼んで 良いのだろうか・・・

φ(・・;)・・・・・・・


MAHAOには 果たして そう呼んでも よいのかは わかりませんが

(・ω・)9??


まあ 世の中には そんな凄腕のハイパー女性も居ると言う事で 



以上 縁ちゃんからの  AGEMAN猫猫伝説 をお送りしました


<(_ _)>


私を愛したまま死んで

「私を愛したまま 死んで」


上の言葉は MAHAOの 知人の女性T子さんが


夫である N男さんの 臨終の際に 心の中で発してた言葉です


つい最近 夢子さまが 霊視をしてくださったことから わかったことです 


MAHAOは 夢子さまから そのことを聴き 俄然納得がいきました 


その女性T子さんは 典型的な犬神女性

(・・;)

N男さんには地位も名誉もありました 


結婚した直後から N男さんを快楽でとりこみ 


魂の生命線になってから 


その運をみな 好きな男性に移し替えていきました 


実はその為だけに結婚したのです 


それと引き換えに N男さんの体調 は どんどん弱っていきました 


T子さんは N男さんが弱ると  病床のN男さんをほったらかしながら


N男さんにもわかる様な形で 浮気 男達への貢ぎをはじめたのです 


でも 気力も弱っていたN男さんには 


もはやそれに抗う力は無く 


晩年 ほとんどT子さんの 言いなりだったそうです


でもN男さんの 死期が もう近いということを知ったT子さん 


それからは打って変ったように 献身的に看病をしはじめました


そして一年看病し N男さんに感謝の念を抱かせた時 


上の言葉 


「 私を愛したまま 死んで 」 

を発したのだそうです



「 私を愛したまま 死んで 」


実はこれ もの凄く恐ろしい言葉です 

(・・;)


魂を 死後も拘束する為の 呪文です


愛したまま死ぬ ことは


死んだ後も その魂が その人の言いなりになる為の契約 


T子さんは 生きてる間 散々運を喰い散かしたN男さんの 死後の魂 死後の運までも


とことん 喰い尽くそうと 


死の間際にだけ 献身的な妻に戻り その様な言葉を入れ込んだのだそうです 


ちなみに 縁ちゃんの話では 

最後に息を引き取る時には 


魂や持っているエネルギーが 全て乗るそうです 


そして吸血鬼は 生命が死ぬ時に出る


その最後のエネルギーを 欲しているのだとか


縁ちゃんは こう言っています 


古代の王族達は 儀式で生贄にした動物とかの魂を 奪い合うの 


誰が食べるかで喧嘩してた  


魂は吸血鬼にとって美味しいの  」


φ(・・;)・・・・・・・


また死の間際の床に 水晶等を置いておくと


そこに魂のエネルギーが入ったりすることもあるそうです


恨みの念を持って死んだ場合も 


その死んだ地に 祟りや呪が 土に残るそうです 


φ(・・;)・・・・・・・・


そういえば 

Mちゃんも昔好みの男性はどんな男性って?

(^◇^)ノシ って聴いた時 


このような事を言ってたような気がします

その時はなんてピュアな子なんだろうと想ったのですが 


「 顔も地位も性格も関係ない 


愛が一番  私を愛したまま 死んでくれる人 」 (Mちゃんの言葉)


儚げな美貌でそう語っておりました 


φ(・・;)・・・・・・・・・





追伸


有名人女性の中にも 


ここまでいかなくても 結構な吸血鬼さんが居ます


例えば 某女性漫画家さん 


運を吸い取る女性達 

さげまん達の話を 

駄目な男達列伝として改竄紹介し 一世を風靡しました

φ(・・;)・・・・・・


さらに自分も 結婚した夫の生命線になる事で 


夫の仕事運をどんどん奪っていき 


こないだ 某国営放送の 役職づけになるまで出世しました 


あの夫さん  実は娼婦の方とは違うのですが


昔 多くの女性達にモテタご様子で


数百人以上の女性達とエネルギーコードを繋いでいたようです


そしてその夫が 女性達から運が流れるのを見た某漫画家さんが


彼の運を根こそぎ吸い取っていったとのこと 


結婚して間もなく 彼の会社は倒産


彼女は駄目夫を支える甲斐甲斐しい妻として 自分で喧伝してました

φ(・・;)・・・・・


でもおそらく彼女も 夫の魂を取り込んだら ポイするのだと想います 


女性の吸血鬼は 魂を取り込んだと見計らった時点で 離れることが多いからです


まあやはり男性にしろ 女性にしろ 

吸血鬼って グロテスクな存在なんだなぁッと感じました 

φ(・・;)・・・・・・


ちなみに空ちゃんは そんな吸血鬼に対し


日々 

「 犬に喰われてしまえ 」 と呪いの言葉を 念念しています


(・・;)・・・・・



「 


吸血鬼が気を集めさせるために 作った  


犬は地獄の門番


作った犬に喰われちゃえ 」


(空ちゃんの言葉)

時間指定投稿記事 「 Mちゃんの言葉 」









ある人を


対個人の関係で見るのと


広い全体世界においてみるのでは 




その役割 


意味合いが 大きく変わってくる  




世間的に 


あげまんと呼ばれてる多くの女性達  






彼女らは夫を


S学会の名誉会長にしたり 




多くの労働者から搾取する 


派遣企業の経営者の座につけたりした   






夫君を


小さな王座につけていった女性達は 


夫の目から見て 


比類ない 


あげまんかも知れない




でも多くの人々にとっては どうかしら


忌むべき地獄を作り出した  


悪魔にも見えるけど  




所謂 


ヘルクリエイター 






その逆も言える


王の魂を取りこみ


王達を引き落とした女性達




さげまんと称されてる女性  




彼女らは 魂を取り込むことで 


帝国を滅ぼしたりもするけど 


でも彼女らって


大きな視点で 見ると 


福の神に見えたりしない?






だって


王国を滅ぼすことで 


人々にとっての


地獄を破壊してくれるのだから 




上は下 下は上 




あげまん 


さげまんも


見る立ち位置によって 


その意味は変わってくる 




さげまんの方が 


本当の意味での


女神かもしれない 」 (Mちゃんの言葉)







王を倒すさげまんは 


みんなにとって 


女神・・・・・


 


夢子さんと言ってる事が近いですが


Mちゃんも同様のことを お話ししてました


(///▽///)ノシ))ワーイ









犬神女性とKYさんの伝説 

湯治中なので


時間指定投稿記事です


<(_ _)>


コメガエシハ カエッテカラ



















多くの想いを引きつけるものは 


紫色と同じ




エネルギーを出すだけでも


吸いこむだけでも駄目 




両方混在させないと 


多くの想い集められない




だから出すタイプと 


吸うタイプを 一つの組み合わせにする 




その組み合わせが一番 


多くの想いを響かせるから 」






φ(・・;)・・・・・





陰陽と同じなの




太宰 吸引するの 上手かった


でも吸引するのは 


個人の想い 惹きつけられても 


多くの想いを 惹きつけられない 




太宰が出会った 愛人さん 


すごく想いが強かった


シャーマンみたいな女性だった 




愛人さん 


自分の想いを 太宰の作品に 


念にしてのせてた 




太宰の 吸引力と 


愛人さんの 発信力


両方 混じりあい




人々の想い 


多く 惹きつけた 」




φ(・・;)・・・・・・・








モ〇娘 は 


犬神ばかり 




最初のメンバー 


ほとんど犬神だった 




犬神はエネルギーの付け替えばかり 


でも一応 エネルギーの発信する 




メンバーのほとんどが


エネルギー出す係だった  




出すばかり集まると


エネルギーの傾向として


ちょっと暑苦しすぎる 」




(・・;)・・・・・・・








でもそこに一人 


すごく吸引系の女の子入った




他のメンバーの放出とバランスが取れる位 


陰陽のバランスが 


とれた 




そして


大ブレイクした




引きこむエネルギーと 


発信するエネルギー




両方のエネルギーが 


調和して 


解けあって 混じりあって 


多くの人の 想いを集めれるもの生まれる




紅色だけでは 多くの想いは集まらない


碧色だけでも 多くの想いは集まらない




両方 混じり合って解けあうから 


多くの想い 集まるの 




作品も一緒 


エネルギーも一緒 」(縁ちゃんの言葉)




φ(・・;)・・・・・・・・






上はどうも陰陽の話っぽいのですが


MAHAO 馬鹿なので意味が 


よう掴めませんでした


(///▽///)9)ボリボリ




まあ 吸引と発信のペアで 


事を為した方が 


物事が上手くいくそうです


\(^o^)♪






ちなみに犬神女性も 


発信といえば発信タイプですが


(・・;)・・・・・・




想いの泥棒をしてるので 


エネルギーの形質として 


一時的なブレイクはさせても


後には 残らないそうです




縁ちゃんはこう言ってました


\(-o-)





太宰の愛人さんは 


自分から想いを発信してたから 残った




女性ボーカルグループの想いは


付け替えの応援だったから 終わった




付け替えは 


すぐに消えちゃうの 」




φ(・・;)・・・・・・







自分から想いを 


発信してる 応援は 消えない




だって自分の想いを


泉の如く 湧きたたせてるから 」(縁ちゃんの言葉)






縁ちゃん曰く 


KYさんみたいな人の魂を魅了して  


KYさん達が 心底応援した人は 


一過性のブームで終わらず  


エネルギーの形質として 


じわんじわんと残っていくことが多いそうです\(^o^)/ー♪  






まあ縁ちゃん流に言うと


自分から想いを発信するのは 


\(^o^)/


水の源泉を自分から湧きだしているタイプ


出す水はじわんじわんと一定量なのですが 


そのエネルギーはつきる事はありません 




でも


犬神タイプは その泉からバキュームカーで 


一気にエネルギーを抜き取っていくタイプ


(・ω・)




いきなりすごい量の水が現れるので


ブレイクさせる事はできますが 




定期的にエネルギーを盗み続けないと


水がつき


一過性のブームで終わってしまう






やっぱり 自分から発信する


猫神ちゃん 


猫神女性達って 


素晴らしいなあっと想いました


(≧▽≦)ノシ))―☆  















プロフィール

MAHAO

Author:MAHAO
どうぞ ねこの森の旅 お楽しみください♪
(≧▽≦)ノシ~☆

妹ちゃんブログ
おひるねごろにゃんとう
http://ohirunegoronyantou.blog.fc2.com/

お酒ブログ
http://blog.livedoor.jp/ushirodate/

ご意見ご質問はねこちゃんねるへ
http://jbbs.shitaraba.net/internet/9716/

ブログについてはこちらのページをご参照ください
http://maboroshinosakura.blog.fc2.com/blog-date-200202.html


地球を救えますように 
永遠を超えて生き続けられますように
超健康に超長生きできますように
ねこねこのおいしいごはんいっぱいと
ねこねこと楽しくすめる広い巣と土地と 
純金がたくさん入りますように
ねこねこ用純金ベッドも作れますように

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
リンク